外貨両替の手数料

はじめての方へ

はじめての方へ

外貨両替の手数料は、インターネットを活用すると劇的に安くなります。
この方法を知れば、銀行で外貨両替をすることは一生なくなります。




身近な外貨両替


外貨の両替手数料
外貨両替の身近な例は、海外旅行や海外留学です。その他にも仕事での海外赴任や、海外に住む家族への送金など、いろいろなケースがあります。



手数料がかさみがち



外貨両替の手数料は、普通、銀行なら1米ドルあたり片道3円です。たとえば「円をドルに変える」「ドルを円に変える」とき、1ドルあたり3円の手数料がかかります。

またユーロは6円、オーストラリアドルは10円、ポンドなら11円ほどです。

外貨両替の金額が大きくなるにつれて、手数料もけっこうな額になります。ですので外貨両替の手数料を抑えることが、大切になってきます。




外貨両替の裏技


外貨両替の裏技
あまり知られていませんが、FX会社には外貨両替のサービスを行っている所があります(別名:コンバージョン)。

しかも、その手数料が1通貨単位あたり0.2円と、格安のFX会社もあるのです。たとえば1米ドルなら、銀行なら3.0円、FX会社なら0.2円です。その差は明らかですね。

さらにFX会社なら、時々刻々変化するレートの好きなタイミングで両替ができるので、銀行よりも小回りがききます。

そして両替できる通貨も豊富で、アメリカドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフランなど、さまざまです。




おすすめのFX会社


おすすめのFX会社
FX会社の中でも、現時点でのおすすめはマネーパートナーズです。

その理由は、外貨両替におけるかなりの部分を無料で利用できるからです。

1. FXの口座開設が無料

2. その口座へ円を入金するのが無料(クイック入金サービス)

3. 外貨両替の手数料が、どの通貨でも最低水準の0.2円

4. 両替した通貨を、日本の銀行口座(外貨もしくは円の普通預金口座)へ
   出金する手数料が無料


5. FX業界初の上場企業で信頼性がある

外貨両替サービスを行っているFX業者は他にもありますが、両替手数料の安さ、入出金手数料が無料なことから、マネーパートナーズが一歩リードしています。

マネーパートナーズ





マネーパートナーズをもう少し詳しく知りたい方へ



マネーパートナーズのサイトの、いちばん左上にあるロゴマーク赤色の枠で囲った部分をクリックします。

パートナーズFX口座開設




そして飛び先のマネーパートナーズ公式サイトページの一番下の、コピーライト表示のすぐ上に、小さなリンクがあります。

このなかに「外貨両替」というリンクがあるので、これをクリックすれば、外貨両替について詳しく説明したページに行けます。下の赤丸の部分をクリックしてください。

マネーパートナーズ両替説明ページへのリンク




そして移動した「デリバリー・コンバージョン」ページの、真ん中より下に、外貨両替(コンバージョン)という部分があります。ここに詳しい説明があります。以下に引用します。

マネーパートナーズの両替説明ページ




外貨両替の操作は簡単ですし、親切な説明もあります。また、サポートも充実しているので、その点でも安心できます。

マネーパートナーズ





その他のFX業者



FX会社の、ひまわり証券や、外為どっとコムも、両替サービスを行っています。

・ひまわり証券の場合も、外貨両替の手数料は0.2円ですが、そのお金を出金するときに5000円の手数料がかかります。

・外為どっとコムは、手数料が0.3円と少し高く、そして三井住友銀行以外への出金だと、3500円の手数料がかかります。

以上の理由から、マネーパートナーズが一番おすすめしやすいです。




(補足) 出金先の銀行について


シティバンクの口座開設
出金先の銀行は、シティバンクがおすすめです。その理由は、

1. 外貨キャッシュカードを使えば、アメリカの約32万台のCD/ATMから、自分の米ドル普通預金口座にある米ドルを引き出せる(※ 米ドルのみ。アメリカ、ハワイ、グアム、サイパンで可能)。

2. シティバンクに口座を開設していると、トラベラーズチェックの手数料(通常は額面の1%)が無料になる(※ 米ドル、英ポンド、豪ドル、ユーロの4種類のみ)。

3. シティバンクのマルチマネー口座に両替した外貨を入金すると、その通貨の普通預金口座が自動的に作られて便利(※ 米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランド・ドル、カナダ・ドル、英ポンド、スイス・フラン、香港ドルのみ)。

マネーパートナーズで格安に外貨両替する → 無料でシティバンクへ出金する → シティバンクでお得に活用する という流れです。




キャンペーン情報


マネーパートナーズ公式サイト
マネーパートナーズは、2011年3月1日までキャンペーン中です。

キャンペーン期間中に、FX口座を新規で開設して、口座開設月の翌月末までに

1.初回取引をしたすべての方に、2,000円

2.150万通貨取引をしたすべての方に、3,000円

合計で現金5,000円がプレゼントされます!

マネーパートナーズ



gkryo at 21:01|Permalink

外貨両替の手数料の比較

外貨両替の手数料の比較

外貨両替の手数料の比較をしてみようと思います。

外貨両替が出来る場所は、大きく分けると以下になります。

・銀行
・郵便局
・金券ショップ
・外貨両替業務を行う企業

この4つから手数料を比較しましょう。

外貨両替手数料を、レートにより比較すると、「インターバンク」固定相場が最安手数料でした。次いで「大黒屋」。外貨両替手数料には、比較して驚くほど差はありません。
では、外貨両替手数料の下がる、優遇がある所を挙げて比較します。

支店窓口にて外貨両替するよりも、外貨両替専門店を利用する事によって、手数料が比較してお得になる銀行があります。
□りそな銀行
□三井住友銀行
□みずほ銀行
ですね。1米ドルあたり、30銭の優遇になり、手数料を比較するとお得になります。銀行間で比較するなら、りそなの外貨両替手数料がわずかに安いようです。

大量購入で優遇レートが適用されるのは、
□大黒屋:3,000ドル以上で、50銭優遇
□インターバンク:5,000ドル以上で、50銭優遇 です。
両者を比較すると、手数料でお得感が高いのは大黒屋でしょう。

手数料重視で、外貨両替先比較するならば『郵便局より銀行』、さらに比較して、大量購入時なら『銀行より金券ショップか外貨両替企業』とまとめます。

外貨両替手数料の比較だけでなく、近い、早い、手続き簡単、手間がかからない、遅くまで空いている、など、手数料以外の利点も比較して外貨両替先を選びましょう。


gkryo at 15:05|Permalink

外貨両替の手数料2

外貨両替の手数料について、続けます。銀行以外での外貨両替手数料を調べます。

■郵便局
外貨両替取扱郵便局で両替できます。手数料に関わる換算レートは、サイト上に記載ありません。局により取扱両替外貨が違う事も踏まえて、手数料は要問合せですね。

■金券ショップ
□大黒屋
【米ドル:\120.16、ユーロ:\171.10】
 3,000ドル以上で、50銭のレート優遇で手数料がお得です。書類記入不要、硬貨に外貨両替可能な店舗有り、営業時間が長い、と利便性が高いです。

■外貨両替業務を行う企業
□香港上海銀行「マネーポート」
【米ドル:\120.45、ユーロ:\172.80】
 配達手数料・500円(10万円以上で無料)

□トラベレックス外貨宅配サービス
【米ドル:\120.21、ユーロ:\170.77】
 配達手数料・700円(10万円以上で無料)

上記二社は、外貨両替後、指定場所へ最短で翌日に届けて貰えます。外貨両替は3万〜30万円相当額の注文が可能です。

□インターバンク
 固定相場の外貨両替と、変動相場の外貨両替が可能です。タイミング次第で、手数料が安く済む可能性があります。
・変動相場【手数料・米ドル:変動相場の1.5%】
・固定相場【米ドル:\119.46】
 配達手数料は500円から、1000ドル以上で無料。
 5,000ドル以上は、50銭の優遇レート適用により、手数料が下がります。

gkryo at 15:02|Permalink

外貨両替の手数料

外貨両替の手数料、まずは銀行の外貨両替手数料を挙げてみましょう。販売レートの中に手数料が含まれています。外貨両替手数料の相場は10月12日時点です。

■三菱東京UFJ銀行
【米ドル:\120.26、ユーロ:170.78】
窓口のトラベルコーナーと、外貨両替専門店の他、グループ会社に「ワールドカレンシーショップ」という外貨両替専門店があります。外貨両替の手数料は銀行窓口の手数料と同じです。

■りそな銀行
【米ドル:\120.21、ユーロ:\170.77】
トラベレックスが運営する外貨両替店で、りそな銀行キャッシュカードを提示すると「外貨両替レート優遇サービス」が受けられます。1米ドルあたりですと30銭、手数料が安くなります。カードを持っていない人も、WEBサイトにある「外貨両替割引クーポン」を利用すると手数料がお得になります。

外貨宅配サービスとして、香港上海銀行とトラベレックスへ取次を行っています。自宅まで代金引換で届けてくれるので便利ですね。交換レートに含まれた両替手数料の他に、宅配手数料がかかります。

■三井住友銀行
【米ドル:\120.77、ユーロ:\171.04】
外貨両替コーナーがあり、営業時間は銀行より長く、土日祝営業する店舗もあります。支店窓口の手数料に比べて、優遇手数料になる事が魅力ですね。例えば、1米ドルあたり30銭安になります。両替した外貨を宅配するサービスも実施されています。


gkryo at 15:01|Permalink

外貨の両替には手数料2

外貨の両替には手数料に関して、続けます。

まず、外貨の両替ができる場所を探してみましょう。

外貨が必要となる外国へと旅立つ場所、空港。出発前に外貨への両替ができるカウンターが設けられています。多くの銀行がありますが、銀行によって、為替レートと取扱通貨が異なります。レートの違いにより手数料も違ってきますので、注意が必要です。また、外貨両替専門店が出店している空港もあります。こちらも手数料は銀行と異なります。

円のみならず、外貨預金も行っている銀行。もちろん外貨への両替も行っています。レートは銀行によって違い、手数料も異なります。銀行によっては、外貨両替の専門店を設けている所があります。本店よりも手数料がお得になる場合もあります。

金券ショップでも外貨に両替ができる店があります。手数料は各店舗により異なりますが、銀行より手続きが簡単で、営業時間が長い事が利点でしょう。

外国貨幣両替業務を行っている企業もあります。レート、つまり手数料は、銀行とほぼ同じ模様です。

他、外国為替証拠金取引においても、外貨への両替ができます。送金手数料等がかかりますが、銀行等に比べると割安な手数料となっています。ですが、外貨の売買を行い、利益を出すための取引です。外貨の両替だけが目的ならば、他の方法を取る方が気軽と思われます。


gkryo at 14:59|Permalink

外貨の両替には手数料

外貨の両替には手数料がかかります。手数料をかけてでも、外貨へ両替をしなければいけない時もあります。その機会として最も多いのは、外国へ旅行する時でしょう。

外国でお金を使うためならば、外貨への両替ではなく、旅行者向けの小切手であるトラベラーズチェックを発行することもできます。トラベラーズチェックも発行に手数料はかかります。ですが、トラベラーズチェックの手数料は、外貨両替の手数料よりも安い、という利点があります。現金を持ち歩かなくて済むため、安全性は高いと言えるでしょう。しかし、トラベラーズチェックは、使える地域が限られてきます。トラベラーズチェックから外貨への両替が必要となる場合もあり、その際には新たな手数料がかかります。やはり、現金を手にしておくに越したことはないでしょう。

外国への旅行ともなると、準備も大変です。出発前に慌てないように、外貨への両替は早めに済ませた方がいいでしょう。外貨に両替ができる場所はいくつもあります。そして、両替にかかる手数料が、場所によって違います。外貨両替が可能な場所と、それぞれの手数料について、前もって情報を得ておけば、旅行準備が楽になりますね。それでは、外貨の両替、手数料について、調べていくことにしましょう。


gkryo at 14:57|Permalink