いろいろな外貨両替

外貨両替の基本

外貨両替の基本

外貨両替は、ある国の通貨を別の国の通貨に交換することです。例えば海外旅行や海外への出張、また海外にお金を送金する場合や輸出入の取引など様々な場面で利用されます。

外貨両替は両替商の認可がある銀行や信金、外貨両替専門店、旅行会社、ホテル、通販や金券ショップなどで行うことができます。みずほ銀行や三菱東京UFJ(東京三菱)、三井住友銀行、北海道銀行、ゆうちょ銀行(郵便局)、横浜や大阪に店舗が多い大黒屋、JTB、成田空港での外貨両替が有名です。

外貨両替宅配サービスではネットなどでの注文で家に居ながらにして指定した場所で両替した通貨を受け取ることが可能です。手数料9割節約できるFX口座を使った両替も人気です。

通常、外貨両替は外国紙幣に両替をすることですが、コインが欲しいという場合、金券ショップなどで行うと外国硬貨の両替ができます。外貨両替には手数料がかかり、為替相場は変動するので、交換レートは毎日異なります。さらに、扱う店舗により規定のレートや手数料率が異なり、一般にホテルのフロント(キャシャー)での両替は、銀行などに比べると手数料率が割高といえます。

銀行などで外貨両替をする場合、その手数料は外貨両替レートによって決まります。外貨両替レートは為替相場を元にその日ごとに設定されます。東京外国為替市場は午前9時に開くので、外貨両替レートが決まるのは当日の午前10時頃が目安です。


gkryo at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ゆうちょ銀行での外貨両替

ゆうちょ銀行での外貨両替

ゆうちょ銀行で外貨両替ができます。しかし、ゆうちょ銀行は窓口のみで外貨両替を取り扱っています。というのも大手銀行では銀行店舗や提携先に運営させている外貨両替ショップがあるのですが、ゆうちょ銀行にはそのようなショップはないからです。

ゆうちょ銀行の外貨両替は空港にも派出所はないので、事前に街中で済ませておきましょう。その他、ゆうちょ銀行ではマイナーな通貨の場合には、常備していないこともありますので注意が必要です。その場合は、取り寄せとなり約2〜5日かかることがあります。

ゆうちょ銀行の外貨両替では1回の申込みで300万円(日本円換算)を超える外貨両替は取り扱っていないので注意して下さい。200万円を超える外貨両替には本人確認が必要となります。

ゆうちょ銀行の外貨両替は、米ドル、中国元、カナダドル、英ポンド、韓ウォン、オーストラリアドル、スイスフラン、ユーロの計8種類の外貨両替を行っています。

ゆうちょ銀行の外貨両替手数料は他の金融機関に比べて安価であると思われがちですが、実際には1米ドル2円80銭とごく平均的な数値です。ゆうちょ銀行では、外貨両替手数料が公表されていないので外貨手数料が安価または無料と誤解される傾向にあるので注意が必要です。


gkryo at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨両替の宅配

外貨両替の宅配

外貨両替は宅配も可能です。外貨両替したいけれど銀行へ行っている時間がない。という方には宅配がお勧めです。手数料も安く為替レートも銀行でするのと変わりません。土日、休日関係なく24時間できる宅配サービスもあります。

海外旅行や出張に必要になるのが現地通貨です。クレジットカードやトラベラーズチェック以外に最低限のチップや交通費程度は現地通貨が必要になります。

忙しい海外旅行の準備や急に決まった出張で昼間銀行に行って外貨両替をしている時間がないという方にお勧めなのが宅配です。外貨を宅配便と同じように自宅や指定した所まで宅配してくれるので便利です。

宅配は時間と場所に関係なく外貨両替ができます。土日や休日でもサービスを利用できます。申し込みもインターネットでできるので24時間利用できます。取り扱い外貨も30種類以上と豊富なので、ほとんどの地域の通貨に対応できるのも魅力です。もちろん外貨両替できるのは現金だけでなくトラベラーズチェックにも外貨両替ができます。

銀行系で外貨両替の宅配をしているのは三井住友銀行です。その他にも楽天やHSBC、損保ジャパン(サービス提供は三井住友の外貨両替宅配)、旅行会社系、クレジットカードのJCBなどが外貨両替の宅配を行っています。残念ながら郵便局では宅配サービスは実施していないようです。


gkryo at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

成田空港での外貨両替

成田空港での外貨両替

成田空港での外貨両替は実にさまざまです。成田空港の外貨両替は、成田空港内での銀行施設で行えます。第1ターミナルと第2ターミナルに銀行があります。

成田空港にはいくつもの銀行や両替ショップがあり各々の店舗によって両替レートが異なります。しかし、米ドルやユーロなどは、海外の渡航先で両替をするとさらにレートが悪くなる傾向です。特に渡航先がアメリカや欧州の空港やホテルでの外貨両替はかなり悪いです。そのため、日本で両替をするほうが得なのですが、成田空港で外貨両替をする場合は、外貨両替レートがかなり違いがあるので損をしないように注意したいです。

レートが気になる方は毎日、更新されるインターネット上のレート情報を参考にしましょう。取り扱い通貨はそれぞれの銀行により異なるので、成田空港に来る前に確認してください。

成田空港では紙幣がたくさん必要な方や、グループでまとめて人数分用意したいなどの要望がある場合、成田空港の外貨両替事前予約サービスが用意されています。成田空港の外貨両替のホームページで事前予約ができます。

事前の外貨両替ではレートによって当日、成田空港での外貨両替の方がお得だったとなりかねません。流動的な円高経済の場合、成田空港での外貨両替が意外とお得な場合もあります。


gkryo at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

大黒屋での外貨両替

大黒屋での外貨両替

大黒屋は外貨両替ショップのひとつで、都市銀行よりも有利なレートで外貨両替できることで有名です。

大黒屋での外貨両替は、紙幣の取扱いはもちろん、銀行では取扱い不可の硬貨も取り扱っています。面倒な書類の記入などは一切不要という手軽さも特徴です。

大黒屋は店舗は全国に38店舗ありますが、そのうち大半は東京都内となり、その他地域は札幌や仙台、大阪、広島、沖縄などになります。大黒屋での外貨両替は銀行などの営業時間が過ぎても外貨両替を行っている便利な専門店ですが、営業時間は店舗により異なるので、利用する場合は事前に確認しておきましょう。

大黒屋では外国紙幣を日本円へ外貨両替し、それを郵送する外貨郵送買取サービスを行っています。外国紙幣を大黒屋あてに郵送するとその代金が指定の銀行口座に入金されるシステムです。

大黒屋の外貨両替は店頭、インターネット、FAX、電話での注文ができます。

FX業者を利用した外貨両替では、アジアの通貨には対応できないのでその場合に最も有利な選択肢が大黒屋です。また、支払いはカードにしてチップ代など小額を両替したい場合も、大黒屋の外貨両替が最も有利といえます。

大黒屋では交換レートが店舗により異なるので、家の近くに複数店舗ある場合は電話でレートを確認して両替を行う店舗を選ぶようにしたいです。


gkryo at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

JTBでの外貨両替

JTBでの外貨両替

JTBの外貨両替は世界中の人気渡航国をカバーする全17通貨が用意されています。JTBは海外旅行でのチップ・タクシー等、旅行中で使用するあらゆるシーンを想定し、小額紙幣などバランスよくおりまぜてJTBの外貨両替では用意してもらえます。

JTBの外貨両替レートは国内の銀行と同等のレートです。現地レートは通貨(地域)の特徴によりそれぞれです。一般に欧米通貨は日本国内での外貨両替が有利で、アジア通貨は現地での両替が有利な場合があります。

JTBの外貨両替は銀行の窓口が閉まった後でも申し込みが可能です。(土日祝の申込も可能な店舗もありますが、手続き上は翌平日のレートが適用されます)

JTBの外貨両替は出発前に旅行会社で外貨両替を準備しておけば混雑した空港の両替所に並んだり、現地で言葉の心配をしながら両替所を探したりする時間が省けます。

JTBの外貨両替では店頭で外貨両替を受取れますが、両替日は受取希望日の7営業日前から2営業日前までのいづれかとなり、その日の両替レートが適用されます。JTBの外貨両替では申込は1万円以上です。コインの取扱いはありません。

JTBの外貨両替サービスでは、旅行の4営業日前に申し込めば、成田空港の両替所で換金されたドルを受け取れます。また旅行を申し込んでいなくても、外貨両替だけの申込も可能です。


gkryo at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)