外貨両替の手数料の比較

外貨両替の手数料の比較

外貨両替の手数料の比較をしてみようと思います。

外貨両替が出来る場所は、大きく分けると以下になります。

・銀行
・郵便局
・金券ショップ
・外貨両替業務を行う企業

この4つから手数料を比較しましょう。

外貨両替手数料を、レートにより比較すると、「インターバンク」固定相場が最安手数料でした。次いで「大黒屋」。外貨両替手数料には、比較して驚くほど差はありません。
では、外貨両替手数料の下がる、優遇がある所を挙げて比較します。

支店窓口にて外貨両替するよりも、外貨両替専門店を利用する事によって、手数料が比較してお得になる銀行があります。
□りそな銀行
□三井住友銀行
□みずほ銀行
ですね。1米ドルあたり、30銭の優遇になり、手数料を比較するとお得になります。銀行間で比較するなら、りそなの外貨両替手数料がわずかに安いようです。

大量購入で優遇レートが適用されるのは、
□大黒屋:3,000ドル以上で、50銭優遇
□インターバンク:5,000ドル以上で、50銭優遇 です。
両者を比較すると、手数料でお得感が高いのは大黒屋でしょう。

手数料重視で、外貨両替先比較するならば『郵便局より銀行』、さらに比較して、大量購入時なら『銀行より金券ショップか外貨両替企業』とまとめます。

外貨両替手数料の比較だけでなく、近い、早い、手続き簡単、手間がかからない、遅くまで空いている、など、手数料以外の利点も比較して外貨両替先を選びましょう。


gkryo at 15:05│ 外貨両替の手数料